FOREST SCIENCE TOP
トップページ森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ





大学院森林科学専攻は、学部教育で学んだ森林科学の専門性ををさらに掘り下げ深め、あるいは周辺研究領域から森林科学に関心を見い出し研究の視野を広げるなど、それぞれの目的に即した学びが可能な場として、志と意欲のある学生を待っています。


森林科学専攻の教育目的

森林科学専攻:森林に関する生物科学、環境科学、資源科学、社会科学等の分野において世界的水準の教育、研究を進め、森林の自然の営みや持続的管理に関わる基礎的・応用的課題を解決できる専門的人材を養成する。


教育体制

大学院・森林科学専攻においては、基幹講座の教員に加えて、協力関係にあるアジア生物資源環境研究センターおよび演習林の教員を指導教員として、修士・博士研究の指導を受けることができます。

修士課程における講義はそれぞれが隔年で開講され、2年間でカリキュラムの全体が提供されます。なお大学院生は、学部の講義・実習に参加することも可能です。特に、他分野から修士・博士課程に入学される方には、森林科学の基礎知識を学ぶことができる学部の講義・実習を受講することをお勧めします。

  森林科学専攻(修士課程)の講義

  2017年度開講
2018年度開講



基礎造林学/森林土壌学特論
環境植物学/樹木生理学
森林昆虫学/土壌動物学
森林計測学特論
林業経済論/資源環境経済学/林業史
森林利用学特論/森林基盤整備計画論
森林機械作業論
森林水文学特論/土砂水理学
砂防・治山事業論
風致工学/環境設計特論
国際森林学特論/森林圏生態学
森林圏水循環機能学
森林生物機能学
森林生態社会学
造林学特論/熱帯森林学
森林植物学特論/樹病学/森林生態学特論
環境動物・倫理学
森林経理学特論/森林空間計画論
林業経営学/林政学/外国森林政策学
森林生産工学特論/森林作業システム学
砂防工学特論/森林環境物理学/環境緑化工学
造園学特論/森林レクリエーション論
持続的森林圏経営論/森林生態圏管理学特論
森林圏生物動態学/生物多様性科学総論
森林圏管理システム学/森林流域管理学
森林遺伝子機能開発学/森圏管理学
森林共生生物学

  各2単位で計10単位以上必要

    
大学院入試について

修士課程の入学試験は、毎年8月に実施されます。また博士課程の入学試験は、2月に実施されます。また受験にあたっては志望する研究室の教員に連絡をとり、研究内容や研究環境、受け入れの有無などについて出願前に確認しておくことをお勧めします。毎年6月頃に次年度の学生募集公開ガイダンスを開催していますのでその機会なども活用ください。このほか受験ガイダンスや試験に関する最新情報は、東京大学大学院農学生命科学研究科のホームページにアクセスしてください。


修了後の進路


 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo