FOREST SCIENCE TOP
トップページ森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ




 
森林経理学研究室 | 造林学研究室 | 林政学研究室 | 森林理水及び砂防工学研究室 | 森林利用学研究室
森林植物学研究室 | 森林動物学研究室 | 森林風致計画学研究室 | 附属演習林 | アジア生物資源環境研究センター
 
森林経理学研究室
   
  森林の多面的価値を評価し持続的な森林管理を探究する
   
  森林は木材を生産すると同時に、さまざまな面から環境保全に寄与している。森林の効用は、例えば山地災害を防ぎ、水を育み、野生生物に住みかを与え、二酸化炭素を吸収するなど不特定多数の受益者に及ぶため、公益的機能と呼ばれている。森林がそうした機能を持続的に発揮するためには適切な計画と管理が不可欠であり、そのための研究を行う。また計画策定や評価の基礎となる森林計測や森林の成長予測、広域調査のためのリモートセンシング技術などに関する理論的、実践的研究も行っている。
  ●GISを用いた森林管理計画の策定
  ●京都議定書に即した森林の炭素吸収量の評価
  ●人工複層林の成長予測モデルの開発
  ●森林の齢級分布に着目した成熟度の評価
  ●高解像度リモートセンシングデータを用いた林分構造の解析
 
                     
   
教授
白石 則彦
  准教授
龍原 哲
  助教
中島 徹
 
森林経理学研究室のホームページはこちら

 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo