FOREST SCIENCE TOP
HOME森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ




 
森林経理学研究室 | 造林学研究室 | 林政学研究室 | 森林理水及び砂防工学研究室 | 森林利用学研究室
森林植物学研究室 | 森林動物学研究室 | 森林風致計画学研究室 | 附属演習林 | アジア生物資源環境研究センター
 
造林学研究室
   
  環境に対する樹木の応答を調べ、世界の森づくりに活かす
   
  森林の有する多様な機能の発揮は、森林を構成する木本植物の物質生産と永年性・巨大性という成長特性が基盤となっている。地球温暖化の顕在化に伴い森林の機能に対する関心が高まっている一方で、人間活動の拡大による熱帯林の消失や不適切な利用・管理による劣化が急激に進んでいる。造林学研究室では、木本植物に特徴的な性質に着目しながら、主に土壌に関わる環境ストレスに対する耐性機構や物質生産に関して基礎的研究を進め、現地の環境に即した森林の育成・維持管理方法の構築への貢献を目指している。
  ●強酸性土壌におけるアルミニウム過剰に対する樹木の耐性機構
  ●林地に降下沈着した放射性物質の樹体内への移行
  ●土壌の高温や低温、湛水に対する樹木の反応
  ●造林の低コスト化のための育苗技術の開発
  ●樹体内の水分や養分の動態
 
 
 
教授
丹下 健
  講師
益守 眞也
 
造林学研究室のホームページはこちら
 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo