FOREST SCIENCE TOP
トップページ森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ




 
森林経理学研究室 | 造林学研究室 | 林政学研究室 | 森林理水及び砂防工学研究室 | 森林利用学研究室
森林植物学研究室 | 森林動物学研究室 | 森林風致計画学研究室 | 附属演習林 | アジア生物資源環境研究センター
 
森林理水及び砂防工学研究室
   
  大気−水−土と森林の関わりを地球規模で探求する
   
  森と水・大気との関係についての研究は、森林がいかに洪水を緩和するか、森林の生育・維持にいかに水・物質循環が関わっているかを解明することから、森林の存在が地球規模の気候システムに与える影響を研究対象とするところまで拡がっており、地域から地球までの環境研究における最前線に位置している。また山地において発生する地すべり・崩壊・土石流等の土砂移動現象のメカニズムを解明するとともに、それに伴う災害の防御対策を研究している。
  ●地球規模の気候形成に与える森林の影響
  ●水源かん養機能の定量的評価法の開発
  ●森林の物質循環に与える水文過程の影響
  ●土石流、火砕流などの流体力学的研究
  ●半乾燥地の緑化手法に資する樹木の水分生理生態学
 
 
 
教授
熊谷 朝臣
  助教
小田 智基
 
森林理水及び砂防工学研究室のホームページはこちら
 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo