FOREST SCIENCE TOP
トップページ森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ




 
森林経理学研究室 | 造林学研究室 | 林政学研究室 | 森林理水及び砂防工学研究室 | 森林利用学研究室
森林植物学研究室 | 森林動物学研究室 | 森林風致計画学研究室 | 附属演習林 | アジア生物資源環境研究センター
 
森林植物学研究室
   
  植物・微生物に関する研究から,森林の健全性維持に貢献する
   
  世界各地で都市化や農地開発等による森林の減少,温暖化や大気汚染等による樹木の衰退,グローバル化に伴う侵入病害の流行など,森林生態系への様々な脅威が報告されている。また,身近な「みどり」を守る「樹木医」の診断治療の基礎となる「樹木医学」の確立が求められている。森林植物学は,森林および森林植物の育成・保全,樹木病害防除の基礎となる分野であり,現在は,森林における植物と菌類の生態の解明,樹木個体の健全性とストレス応答の解明,樹木と微生物の相互作用の解明の3つの課題に取り組んでいる。
  ●各種ストレスに対する樹木の通水機能維持メカニズムの解明
  ●都市近郊林における希少植物種の保全手法に関する研究
  ●樹木葉内生菌の多様性と生態の解明
  ●菌根菌の生態と共生機能の解明
  ●樹木病原菌の伝播・蔓延機構の分子生態学的解明
 
              
 
教授
福田 健二
  准教授
松下 範久
 
森林植物学研究室のホームページはこちら
 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo