FOREST SCIENCE TOP
トップページ森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ




 
森林経理学研究室 | 造林学研究室 | 林政学研究室 | 森林理水及び砂防工学研究室 | 森林利用学研究室
森林植物学研究室 | 森林動物学研究室 | 森林風致計画学研究室 | 附属演習林 | アジア生物資源環境研究センター
 
森林動物学研究室
   
  森林・動物・人間のよりよい関係を探求する
   
  森林には実に多様な動物種が生息している。それらは様々な適応を示しながら進化し,森林生態系の中で,消費者や分解者として植物や微生物と,あるいは動物間で相互に依存しながら物質循環に大きく関わっている。しかしながら,動物は樹木に害をもたらし,森林を破壊してしまうことがある。森林の動物と人間との関わりのあるべき姿を求めて,森林に生息する昆虫類,土壌動物,渓流の動物などを対象に,生態学をベースに動物種の個体群や進化,種間関係や動物群集,生態系や人間活動との関わりについての研究を幅広く行っている。
  ●動物の生息環境,分布,行動,生活史,移動・分散に関する研究
  ●動物の種分化や系統進化,種間交雑についての研究
  ●昆虫の生態や形態の適応に関する研究
  ●昆虫と植物や微生物との相互作用に関する研究
  ●有機物分解や栄養塩循環における動物のはたらきに関する研究
 
 
 
准教授
久保田 耕平
  助教
加賀谷 隆
 
森林動物学研究室のホームページはこちら
 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo