FOREST SCIENCE TOP
トップページ森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ





農学部の森林科学にかかわる二つの専修の教育の大きな特徴は、実習・調査を通した現場(フィールド)での経験を重視し、学際的・多角的にアプローチしていく点にあります。仲間たちと一緒にフィールド・研究室で試行錯誤しながら、森・山村住民から謙虚に学ぼうとする意欲的な学生を待っています。


専修の教育目的

森林生物科学専修:森林生態系管理に関わる社会経済的、工学的、生物学的知見を基盤として、森林生態系を構成する植物や動物、微生物などの生理的・生態的特性や相互関係、環境修復等への活用についての教育と研究を行う。森林生態系がもたらす恵みを将来にわたって享受するための学術的・社会的要請に応える専門家として、研究者や、官公庁・企業等で幅広く活躍する人材を育成する。

森林環境資源科学専修:森林生態系管理に関わる社会経済的、工学的、生物学的知見を基盤として、森林の環境形成機能や森林環境の活用、森林資源の持続可能な利用およびそれらに関わる制度設計についての教育と研究を行う。森林生態系がもたらす恵みを将来にわたって享受するための学術的・社会的要請に応える専門家として、研究者や、官公庁・企業等で幅広く活躍する人材を育成する。


カリキュラム

  教養学部2年次A1ターム以降の両専修の履修科目・カリキュラムは表に示す通りです。卒業までに総数76単位を取得する必要があり、教養学部2年次A1・A2タームで18単位以上(農学総合科目、農学基礎科目、農学リテラシー)、課程専門科目から24単位以上が必須単位です。

 学部教育においてはまず森林・林業について幅広く学び、森林科学の全体像を理解するという点に主眼が置かれています。そのため全体像を学ぶにあたって、両専修で共通して必要と考えられる基本的な講義を課程専門科目として、またこれに対応した実験・実習を専修専門科目として、どちらも選択必修(12単位以上)に設定している点が特徴です。

森林科学教育の最も大きな特徴は、行事予定でも示した各地の演習林やその他の森林での滞在実習が組み込まれている点にあるといえます。これによって講義の理解を深め、また教室では学べなかったことを修得することができます。

また両専修では、卒業論文が必修として組み込まれており、3年次の秋からは森林科学専攻の研究室を1つ選び、卒論指導を受けることになります。選択できる研究室は原則として所属する専修にかかわらず、興味に応じて選ぶことができます。

森林生物科学専修および森林環境資源科学専修のカリキュラム


課程・専修
科目種別
応用生命科学課程
森林生物科学専修
環境資源科学課程
森林環境資源科学専修
必要単位
2

A1
・A2
選択 農学
総合科目
人口と食糧/生態系の中の人類/土壌圏の科学/水の環境科学
環境と景観の生物学/生物の多様性と進化/環境と生物の情報科学
化合物の多様性と生理機能I/化合物の多様性と生理機能II/バイオマス利用学概論
森林資源と木材利用/食の安全科学/放射線環境学
16以上
22まで
(うち農学主題科目
4以上、
農学基礎
科目は選択必修1を含む6以上)
農学
基礎科目
基礎有機化学/基礎分析化学/基礎微生物学/分子生物学/基礎生物化学
生物統計学/植物生理学/細胞生物学/遺伝学/植物分類・形態学/昆虫学
動物分類学/応用物理学/木質構造科学概論/流れ学/情報工学/基礎高分子化学
基礎物理化学/農業資源経済学汎論/農業史概論/ミクロ経済学/動物生理学
応用動物科学概論
選択必修 動物生態学/植物生態学/森林環境科学汎論
必修 農学
共通科目
農学リテラシー 必修2を
含む3以上
3

4
選択必修 環境倫理/生命倫理/技術倫理
課程
専門科目
森林経理学/造林学/森林政策学/森林保全学
森林利用学/森林植物学/森林動物学/森林風景計画学
12以上
専修
専門科目
森林経理学実習/造林学実験/森林政策学演習/森林保全学実習
森林利用学実習/森林植物学実験/森林動物学実験/森林風景計画実習
12以上
選択 課程
専門科目
森林土壌学/森林遺伝育種学/森林生態学/森林水文学/樹木学/自然保護論
アジア生物環境学/森林生態圏管理学/自然環境学汎論
選択必修と
合わせて
24以上
森林生態生理学
樹木医学
集団遺伝学
野生動物管理論
森林リモートセンシング
森林計測学/森林評価学
森林環境経済学/森林資源経済学
森林社会学/国際森林学
砂防工学/森林土木学
森林生産工学/測量学
景観解析/レクリエーション計画論
専修
専門科目
森林土壌学実験/森林科学総合実習
 
  測量学実習/ 環境設計演習  
農学
展開科目
食の安全研究/食の安全システム演習/農業環境の放射線影響
Radioecology and agricultural radioactivity/バイオマス利用研究特論
バイオインフォマティクス /フードクリエーションサイエンス
フロンティアライフサイエンス/生態統計学/ サイエンスコミュニケーション
サイエンスコミュニケーション演習
Advances in Environmental and Agricultural Water Management in China
 
4
必修 専修
専門科目
卒業論文 8

注)卒業論文以外の科目は1または2単位

    


学ぶ:
進学選択で進学が決定したら、教養学部2年次A1タームから農学部の専門科目の受講を始めます。本格的な講義や演習は3年生になってから始まります。特に、演習林で開講される数多くの現地実習は、森林科学でしか味わえないカリキュラムです。実習中には、汗をかきながら標本やデータを集めるなど、中身は充実しています。また作業終了後には、教員や仲間らと一緒に楽しく交流し、議論する親睦会が、自然発生的に始まります。さらにサマープログラムの実習では、その前後に旅行の予定を組み込む学生も多く、こうしたフィールドでの体験は、卒業後に最も懐かしい思い出になります。

決める:
3年の秋になると、自らの興味に応じて、卒業論文の指導を受ける研究室を選択し、より専門的な研究を始めることになります。研究室は、調査や実験だけでなく、先輩や教員と議論する中で、社会・人生など様々なことを学ぶ機会を与えてくれます。

遊ぶ:
「東大林学会」(森林科学関連の教職員、学生で構成される組織)の行事として、毎年秋にソフトボール大会が開催されます。また冬にもスキー講習が実施され、スキー技術の向上を目指しつつも、参加者同士が親睦を深めます。このほかにも五月祭には、植木市も行っています。

行事歴
  学年 月 行事等 実習(演習林等)  
      2    9

進学選択
進学予定者へのガイダンス
   
      3    4
          5
          6

          7
          8


         
    9
        11
        12

      2
歓迎会、ガイダンスなど
五月祭







ソフトボール大会
研究室決定
  

スキー講習

   

造林     千葉
森林植物   千葉
森林植物   秩父
森林動物   富士
森林政策   富士
森林利用
測量     生態水文
森林科学総合 北海道
  

森林風景計画 国立公園
森林経理   千葉

 
 
      4    4
          5

          6
                    8
      9  
      2
        3

五月祭

大学院ガイダンス

大学院入試
ソフトボール大会
卒論提出・発表/スキー講習
卒業式
森林土壌   秩父

森林保全   生態水文

環境設計   富士




 

大学院への進学案内
卒業後の進路


 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo