FOREST SCIENCE TOP
トップページ森林科学とは専修(学部)について専攻(大学院)について卒業・修了後の進路研究室紹介リンク問い合わせ






森の科学=科学の森

陸地の約1/3を占める森林は非常に多様性に富む生態系です。人類はその森林から木材の供給をはじめとする多くの恵みを受けてきました。しかしその一方で、人間活動の場とその規模の拡大に伴って、行き過ぎた利用が多くの森林を劣化させ消滅させるという事態にも直面しています。しかし、人間社会は森の恵みに大きく依存せずには成り立たず、森林に手を加えずに厳正に保全すれば良いというような単純な解決策は存在しないのです。

このような状況の中で、森のはたらきを知り、森を利用する知識、森を造る知識を積みあげて、森の物質的、文化的な恵みの適正な享受と森林の保全を両立させる方策を考える学問領域が森林科学です。森林科学の特徴は、森林がもつさまざまな機能に対応した、その多様性にあります。総合大学のほぼ全学部の課題に対応する分野が、「森林」をキーワードに集まっていることがそれを示しています。

例えば、森に生きる樹木や昆虫、きのこなど森の生物そのものを知ること、生物の相互関係の動態を知ること、生態系と環境の関わりを知ることなどの生物学的な研究があります。これらは遺伝子、個体、個体群、生態系という対象のレベルごとに、それぞれ特有の実験手法や解析方法が生み出され、専門の細分化を伴いながら研究が進められています。

一方、温暖化、酸性雨、砂漠化などに対処する研究にも取り組んでいます。これらは理学的見地から進められる基礎研究であるとともに、実際に森林をまもり育てる技術に直接役立てられる応用研究でもあります。そのため、細分化された研究領域の深化だけでは多様な機能を持つ森林の理解はできず、「森林科学」としての総合的な理解が求められています。



人と森の関わりについての森林研究も事情は同じです。山村や世界各地の森で生活する人々と森林の関わり、あるいは都市民と森林の関わりの研究においても、実際に森林を育て適正に利用・管理する技術に結びつけていくために、自然科学から社会科学までを含む幅広い知識体系としての「森林科学」という枠組みが重要なのです。
 
森林科学には学ぶべき課題や解明すべき課題が、地域に固有の問題から国際的な問題まで目白押しにあります。間口は広く、入り口もいろいろですが、奥は深く、さまざまな分野が有機的につながりを持っています。森林に関心を持つ学生に、広く門を開いているのが森林科学です。



多様性の中で総合性をめざす森林科学は、演習林での実習をはじめとする実際の森林での調査手法の習得と実際の森林や林業の現場での体験などのフィールドワークを重視しています。卒業研究では各専門領域の最先端の課題に取り組むことができ、またカリキュラム全体をとおして森林を総合的に分析する視点が養われます。森林科学は、地球の環境、資源の管理とほぼ同義の対象を扱う、極めて取り組み甲斐のある学問です。


専修への進学案内(駒場生の方)
大学院への入学案内


 
 Department of Forest Science, The University of Tokyo